婚約指輪のカタチ

婚約指輪に込める思い

婚約指輪は一生の宝物です。そんな大切な指輪の購入について、どんな購入の仕方がいいのか考えてみましょう。
婚約指輪のカタチimage
婚約指輪に込める思い

婚約指輪と言えば、女性の場合、結婚指輪よりも憧れが強いものかもしれません。

エンゲージリングを愛する人からもらう瞬間、これは女性なら誰もが夢見る瞬間でしょう。

愛する人と結婚の約束を誓う婚約指輪は日本の場合、ダイヤモンドが主流となっていますが、実は、ダイヤモンドでなければならないという決まりはありません。

例えば、お母さんやおばあちゃんが持っていた指輪を婚約指輪にするとか、代々大切に受け継がれてきた指輪をエンゲージリングにしてお嫁さんに伝えていくなど、婚約ということがとても大切なことだということがわかります。

ダイヤモンドじゃなくてもルビーやエメラルドなどほかの石を利用することもありますし、細工が施されたアンティークな指輪を婚約指輪にするということもあります。

どんなものでもうれしいと思いますが、やはり、女性は夢見ていた形に近いエンゲージリングがほしいと願うでしょう。

男性は、そんな女性の強い思いをしっかり胸に刻んで選ぶ必要があります。

ブライダルジュエリー専門店、婚約指輪・結婚指輪の銀座ダイヤモンドシライシhttp://www.diamond-shiraishi.jp/engageringを参考に探してみましょう。

将来一緒になる人のために選ばれる婚約指輪には、愛する人に一生添い遂げるという約束が込められています。

世界の中でたった一人だけ、むすばれる相手との約束の指輪です。

一生の宝物になる指輪名だけに、どうやって選ぶのか、いつ相手に渡すのか、誰が選ぶのか、しっかり考えていくべきことです。

エンゲージリングは一生モノ、購入する前に、納得のいく贈り物となるように選び方、スケジュール、費用などもきちんと考えていきましょう。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント